読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brick Block

こんなブログ見るならレンガ買ったほうがマシ

BF1スキルアップの補足

 

こんなツイートをしたんですが、どうしてこれらがスキルアップに繋がるのか、ちょっとだけ補足をしようと思います。

 

 

・銃剣外してみる

  これに関してはメリットとデメリットがあるのですが、メリットのほうが恩恵を受ける場面が多いからです。

 銃剣を外すことによって、スプリント状態から射撃可能になる姿勢に戻る時間が早くなります

 つまり、走り回って敵を見つけたらすばやく撃って倒すって立ち回りに銃剣は邪魔ってことです。

 

 デメリットとして、警戒兵や火炎放射器兵ですら一撃必殺で倒せる銃剣突撃が使えなくなります。

 これはトレードオフですが、腰撃ちが早くできるようになるほうが恩恵が大きいと思います。

 

・マウスの速度遅くしてみる

 マウスセンシビティーを少し低く設定してみませんか?という提案です。

 物理的にマウスとマウスパッドが摩擦を起こしている以上、マウスが高速で移動できる速度には限界があるので・・・・・理論的にはマウスセンシビティが高ければ高いほどエイムが早くなるので強いのですが、その分ミスが増えやすくなります。ヒューマンエラーです。

 そういうミスが起きやすい環境でやってると上手くなれるものもなれないので、少し遅めにしてミスが多発しない環境を作ってみることを心がけましょう。

 

・ADS倍率を調節してみる 

 カスタマイズ画面で銃ごとにADS時の倍率を調整できる項目があるのですが、これを変えることによってエイムが改善される可能性があります。

  アイアンサイト仕様の銃はマズルフラッシュで敵が見えなくなることが多いので、倍率1.0~1.25倍くらいがオススメです。

 狙撃やマークスマン仕様は少し倍率を上げてやると遠くの敵に当てやすくなりますが、近距離戦では対応できなくなる可能性も考慮して、自分にあった倍率を模索してみましょう。

 

・FOVを少し広くしてみる

 Field of View、つまり「視野角」のことですが、この数値が高いほど周囲の見える範囲が広くなりますが、画面中央の物体が小さくなり見えにくくなります。

 中~遠距離で撃ち合うのが好きな人は狭い方がいいのですが、BF1は歩兵の走る速度がとても速いゲームなので、FoVが狭いと近距離にいる敵の位置を把握しづらくなることが多いです。

 なので、今より”少し”、FOVを広くしてみると視界も広くなり状況把握にも役立つかもしれません。